Lifestyle & Art Travel

Life in AUSTRALIA -5 things you should know before moving here

June 16, 2017

This year I decided to leave my ultimate love Japan and move back to Australia, Sydney. My reasons to leave Japan I have explained here .

今年、私は日本への揺るがぬ愛情を捨て、オーストラリアのシドニーに戻ることにした。なぜ日本を去ることにしたのか、その理由を書き記そうと思う

MY SAYONARA PARTY IN JAPAN

Maybe you feel that there’s something missing in your life because you just don’t feel inspired anymore..

人生に何か欠けていると感じたことはないだろうか。もう感銘を受けることがなくなったと…。

Perhaps you are stuck in a boring  job 9-5pm and you just can’t wait to leave the office…. It could be that you are just burnt out with your daily grind with no salvation in sight. If one of these situations applies to you, then you should definitely continue reading this post.

9時から5時までのつまらない仕事で身動きできなくなった、ただただ退社するのが待ちきれない。単調な仕事で疲れ切り、救いの手は見えない。このうち1つでも当てはまる状態があるなら、次にすることはこの投稿を読み続けることだ。

Quitting your boring job, stepping out of your comfort zone, and moving to a strange country for new adventure and a new life is becoming more and more common for millennials. I’ve done that already a couple times so I think I’m the right person to give you some tips how to start your life in Australia.

つまらない仕事を辞め、安全地帯から足を踏み出し、新しい冒険と人生を求めて見知らぬ国に移住することが、ミレニアル世代の間でますます一般的になっている。私も2度やったことがあるので、オーストラリアでどうやって人生をスタートさせるか、いくつかアドバイスができると思う。では、生活を一から構築するにはどうすればいいか。

      But how to organise your life from the scratch ?

HERE ARE  5 THINGS YOU SHOULD KNOW BEFORE MOVING TO AUSTRALIA:

オーストラリア移住前に知っておくべき5ヶ条を述べよう。

 

1.VISA  ビザ

 

The first thing you need to consider is what type of visa you can apply for.

While the Australian government gives visas to a long list of skilled workers, it is not so enthusiastic about granting visas to other immigrants, like students, for example.. If you are ineligible for a working holiday visa and are not a skilled worker, then the only option available to you is a student visa. Unfortunately, the government here tightens up student visa requirements every year, so you better hurry up if you want to study in Australia!

Read more about visas here

まず始めに考えなければならないことは、どんなビザを取得するかということだ。

オーストラリア政府は、技術のある労働者にはビザを発行しているが、移民や学生などには積極的にビザを与えることはしていない。ワーキング・ホリデー・ビザを持っておらず、技術もない労働者の場合、唯一の選択肢は学生ビザだ。残念ながら、オーストラリア政府は年々学生ビザの条件を厳しくしているので、オーストラリアで勉強したいのなら急ぐことだ。

ビザについての詳細はこちら

学生たちのオーストラリア生活についての詳細は、下記のサイトまたはアプリにサインインして参照するとよい。新しい生活を始める前に、オーストラリアのネットワークを築くことができる

You can ask for advice and see how other students are doing in Australia by signing up on the website / app below! Here you can start building your Australian network before leaving your old life!

 

  CLICK HERE : A Social network for international students in Australia

ここをクリック:在オーストラリア留学生のソーシャル・ネットワーク

You will need an agent to help you with documents and application. You can contact Australia Study or email directly  marta@australiastudy.net.au

Now, you should know that any agent you talk to will have their own recommendations on which colleges you should attend, but sometimes theses schools might not meet your expectations, so it’s a good idea to look at other options as well.

書類の準備や申請には代理人が必要だ。Australia Studyに連絡するか、直接 marta@australiastudy.net.auにメールするとよい。代理人はそれぞれいろんな学校を勧めてくるが、期待とは違う学校の場合もある。だから、別の選択肢を見るのもいい考えだ。

 

2. THE BEST COLLEGE FOR MILLENNIALS

 

There are plenty of colleges out there.

Some are just there to provide you with a student visa, but there are few with innovative concepts and programs. If you are young, creative, and thrive on starting your own business, then you should check out these two colleges for entrepreneurs. Actually, I’ve enrolled in one of them and it was one of the best decisions that I’ve ever made.

ミレニアル世代に最適な学校

学校はたくさんある。学生ビザを出してくれるだけの学校もあれば、画期的なコンセプトとプログラムを持つ学校も少ないがある。若く、クリエイティブで、自分でビジネスを立ち上げたいと思っているのなら、下記の2校をチェックするべきだ。実は私自身もこのうちの1校に通ったのだが、これは最善の選択の1つだった。

 

MnM Institute – Facebook – Study Anywhere Agency

There is also another  college – Academy  of Entrepreneurs established by a super woman  PAULA F. MILLS

もう1校は、PAULA F. MILLSというスーパー・ウーマンが設立したAcademy of Entrepreneursである。

Academy of Entrepreneurs  –    AE Facebook

By enrolling there from this website you can get 10%  discount from the course ! Contact me for more details.

このサイトから入学を申請すれば、コースにかかる費用から10%割引される。詳細は私に連絡を。

 

3. HOUSING 住居

You pay rent weekly and it’s pricy!!

After sorting out your visa, the next consideration is accommodation. Here in Sydney, you pay weekly, and its pricy! It’s around $250AUS for a furnished room. On the other hand you can save a penny by collecting and picking up things from streets here! People leave unwanted furniture and home ware outside their houses, so you can find many functional and well maintained things for your new place for free. The most popular place in Australia to buy secondhand home ware and furniture is Gumtree Australia, the Craigslist of Australia.

オーストラリアでは毎週家賃を払わなくてはならないが、これが高額である。ビザを解決したら、次に考えるべきことは家だ。ここシドニーで毎週家賃を払うと、高くつく。家具付きの部屋でだいたい250オーストラリアドルである。だが、道ばたに置いてあるものを拾って使えば節約になる。不要な家具やホームウェアが外に捨ててあるので、機能的で状態のいい物を無料で見つけられる。中古のホームウェアと家具を購入できるオーストラリアで一番人気のある場所は、Gumtree AustraliaとCraigslist of Australiaだ。

4. WORK 仕事

There’re tons of job vacancies for digital marketing gurus and graphic designers.

The Australian market craves for young, creative people. There is also a shortage of labour workers here, too. These jobs are very well paid. The best sites to look for creative job would be:

デジタル・マーケティングの指導者やグラフィック・デザイナーには、仕事のオファーが山ほどある。

オーストラリア市場は、若くてクリエイティブな人材に飢えている。労働者の人数も足りない。これらの仕事は高給だ。クリエイティブな仕事については、次のサイトを参照するとよい。

  1. Pedestrian.tv

      2. JIVARO

      3. Who in the Zoo

      4. The Creative Store

5. LIFESTYLE ライフスタイル

In Australia life is all about sport and outdoor activities!

After I arrived, it didn’t take long before I found myself a personal trainer – Michal Zawadka who is also a champion in swimming in Australia and Poland. Life in Australia is well balanced. Yes, people here work a lot, but they also put value on enjoying quality time when they aren’t working. Being active and going outdoors is the “bread and water” for Aussie people. They love sports and being active! You see people wearing sportswear all over the city on a daily basis. There are also lots of great places to jog here, too. There’s so much beautiful nature around, even in a big city like Sydney! It is truly a paradise for sporty people. It’s this healthy vibe to life, which I really like about life in Australia.

オーストラリアでの生活は、スポーツとアウトドアに溢れている

私は移住してからすぐに、パーソナル・トレーナーを見つけた。オーストラリアでの生活はバランスがいい。つまり、仕事は一生懸命するが、働いていないときの充実した時間をエンジョイすることも重視している。活動的になってアウトドアに出掛けることは、オーストラリアの人々にとっては「パンと水」なのだ。スポーツを愛し、アクティブに活動する。毎日、スポーツウェアを着た人々を街中で見かける。ジョギングにぴったりな場所も多い。シドニーのような都会でも、美しい自然に満ちている。スポーツ好きにはまさに天国だ。この健康的な人生こそが、私がオーストラリアでの生活を好きなところだ。
これまで住んでみて、オーストラリアについて感じたことを書いてみよう

My personal feelings about Australia:

Every country has something different to offer, and it’s the same with Australia.

We all have some kind of national identity and we need to keep that in mind when we are not in our native country. I’ve talked to many people who said that they didn’t feel Australian vibes, so they were planning to leave. As a European, I think we might like MELBOURNE more than other Australian cities because it has more of a European feel to it. Australian culture is very diverse and the people living here come from many different backgrounds, so there isn’t such a thing as a single Australian culture. Here it’s all about multi-culturalism. You won’t experience a rich, historical culture like in Europe or Japan for instance. But in exchange, you have very relaxed, chilled vibes here, with a good life balance and positive minded people. I must warn you, living costs are pretty high and there’s not much nightlife or art events going on in Sydney.

Ultimately, you have to decide where you want to live and that country’s culture should suit you.

どんな国にもオススメのポイントがあるだろうが、オーストラリアにもある。みんなある種の自国のアイデンティティーというものを持っていて、外国にいるときはそれを忘れないようにしなければならない。私は、オーストラリアを好きになれず、去ろうとしている多くの人と話した。私もそうだがヨーロッパ人にはメルボルンのような都市がいいかもしれない。 オーストラリア文化は非常に多角的で、ここに住んでいる人たちは異なるバックグラウンドを持っている。だから、1つの文化などというものは存在しないのだ。ここではすべてはマルチカルチャーだ。ヨーロッパや日本のような豊かな文化は、ここでは味わえない。代わりに、とてもリラックスして落ち着いたライフバランスと、ポジティブな人々に出会える。つまり、自分に合ったものを何でも選べるということだ。

 

 

memoirs of justina ko hanko japanese signature justina ko red ink inkan

 

 

 

PS. Special thanks to Mark Stapp and Far Senna

 

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply